伊勢神宮 神様が喜んでくれるご参拝2 二つの遥宮(とおのみや)ー 伊雑宮(いざわのみや)へ

伊勢神宮には外宮・内宮にそれぞれ、「別宮」と呼ばれる特別な宮がいくつかあります。

その中でも破格の存在が、内宮の別宮「伊雑宮」(いざわのみや)と「瀧原宮」(たきはらのみや)です。

内宮から離れたところにあるので遥宮(とおのみや)と呼ばれていますが、神宮125社の中でも、特に格式が高いとされています。

どちらも、ご祭神は天照坐皇大御神御魂(あまてらしますすめおおかみのみたま)。

つまり、天照大御神の御魂をお祭りしているということです。

こちらは「伊雑宮」です。

20220522-10

「いざわのみや」、または「いぞうぐう」ともよばれます。

いつ訪れても鳥の鳴き声がしている、天国か極楽のような場所です。

ちょっとこの世の場所とは思われないような・・・。

20220522-14
20220522-12

一般的には、6月の「御田植式」という古いご神事を行う場所として知られています。

香取神宮住吉大社と共に、日本の三大御田植祭です。

20220522-15

伊雑宮は、なぜ「イザワ」なのか、起源が古すぎてよくわかっていないそうです。

ご神紋は籠目紋(かごめもん)です。ダビデの星。

ここには「剣祓札」という、剣の形のお札があります。

これを頂き、神棚の中央、すなわち「神宮大麻」の手前に置きます。

日本には八万社の神社があると言われますが、こんなに心が幸福感を感じる場所は他にないと思っています。

一体どういう場所なのか。

とても不思議な空間で、いつまでもここにとどまりたい。

20220522-13

尚、外宮・内宮からは離れていますが、交通の便は悪くないです。

近鉄線「伊勢市駅」または「宇治山田駅」から45分、「上之郷」駅で下車し、徒歩3分。

神宮の本当の神はここにいる、という人も多いです。

本気のご参拝なら、ぜひ訪れてみてください。

続く

この記事を書いた人

mirai

こんにちは
潜在意識にアクセスするヒプノセラピスト/催眠療法士の、我妻みらいです。外資系石油会社、外資系医療機器メーカーを経て、現在は東京でヒプノセラピストをしています。輪廻転生は大学の卒論から取り組んでおり、神道おたくでもあります。