伊勢神宮 御垣内参拝2~神界から人間界を見る

伊勢神宮の御垣内参拝は、【神界】での参拝です。三次元の世界で、この 【神界】 にこちらから望んで入らせて頂ける機会は、この御垣内参拝以外はないのではないかと思っています。

いざ御垣内に

ご神職さんにお祓いをして頂いたら、いよいよ御垣内へとご案内頂きます。

基本的には一度に一組ですが、混んでいるときは複数組のこともあるようです。

足元は、大きな白玉石が敷き詰められています。ペタンコの革靴でもグラグラして、気を付けないと足をくじきそうになりますので、最初は足元ばかり気になります。

ご年配の方は気を付けてください。

ご参拝はあっという間

ご神職さんに所定の場所までご案内頂いたら、二拝二拍手一拝でご参拝します。

長々と祈ったりはできません。神職さんに促されてしまいます。

本当にものの数分。

緊張もするので、あっという間の出来事です。

二度目の内宮では【人間界】をみてみる

殆どの方は、最初の外宮では緊張すると思います。

でも次の内宮では少し余裕があるかもしれません。

その時にお勧めなのは、御垣の外にいる人間を見てみること。

御垣内は【神界】であると言いましたが、入るとそれがわかると思います。

波動が全然違う。

足元の白い石が放つ磁気、自分の体を照らす光、息をするたび感じる繊細な大気・・・。

びっくりするほど静かで神々しい、圧倒的な【神界】の気配です。

これは体験した人にしかわからない。

その中から御垣の外側の人間界を見ると、たくさんの人が話したり、歩いたり、何かを考えたり、いろいろな【人間の営み】をしている。

神様ってこんな感じで人間を見ているのか、というのがほんの少しだけわかる気がします。

それは、あたかも<蜘蛛の糸を垂らしたお釈迦様の目>はこんな感じだったかと、思わされたりします(芥川龍之介/蜘蛛の糸)。

世界の中で唯一、ここでしか見られない風景なので、ぜひ体験してください。

続く

この記事を書いた人

mirai

こんにちは
潜在意識にアクセスするヒプノセラピスト/催眠療法士の、我妻みらいです。外資系石油会社、外資系医療機器メーカーを経て、現在は東京でヒプノセラピストをしています。輪廻転生は大学の卒論から取り組んでおり、神道おたくでもあります。