防災の準備はモノだけじゃない 平時のうちにやっておこうー2 タワーマンションのリスクを知っておく

防災と言えば、物、グッズ、備品のことばかり。

でもそうじゃない準備も必要なんですよ。

2018年9月。突然北海道全域を襲ったブラックアウト現象、つまり停電。

そのとき、思いがけないことで困った道民が多かった。

タワマン住民の困惑。エレベーター、立体駐車場、水道水で困った

新聞に「停電 タワマン困惑」と題した記事がありましたので、紹介します。
エレベーター、立体駐車場、水道水などに関する記事です。

タワマンでエレベーターが止まった

37階に住む60代住民
地震二日目。

エレベーターが動かない中、近所の携帯ショップで充電して帰宅。
真っ暗な階段を、懐中電灯を照らしながら37階まで上る。
数階上っては一休みし、すれ違う住人と励ましあった。
電気が復旧したのは停電の約35時間後。筋肉痛が残った。

立体駐車場が動かない

31階に住む60代住民
自家用車のシガーソケットから電源を取ろうと考えた。
しかし、マンションの立体駐車場は停電で動かず。
電源もとれないし、車も使えない。

自家発電6時間後、水道水が止まった

24階に住む60代住民
停電直後、マンション内で「水をためておいてください」とのアナウンスがあり、実行。
トイレ用として、浴槽に水をため、鍋には飲用水をためた。
停電直後は、マンションの非常用電源が作動し、上階に水を組み上げるポンプが働いていた。
しかしそれは6時間で切れた。

その後、コンビニに行ったが、24階まで上がるのに20分かかった。

リスクを知っておこう

災害で停電したら、あきらめるしかないことも多いはずです。
しかし、予め、自分の家にはどのようなことが起きうるのか、想定しておくのとしないのとでは、大違い。

特に高層階に住んでいる場合、何度も行ったり来たりするのは、若者でも厳しい。
まして断水したら、重たい水を持って階段を昇らなければなりません。

自分の家のリスクを家族と共有して、いざというときの心構えをしておきましょう。

自宅だけでなく、親の実家もやってください!これ、とっても大事!!

<続く>

この記事を書いた人

mirai

こんにちは
潜在意識にアクセスするヒプノセラピスト/催眠療法士の、我妻みらいです。外資系石油会社、外資系医療機器メーカーを経て、現在は東京でヒプノセラピストをしています。輪廻転生は大学の卒論から取り組んでおり、神道おたくでもあります。