『鬼滅の刃』より、【アオイさんの想いは、俺が戦いの場に持っていくし】

俺を手助けしてくれたアオイさんは、もう俺の一部だから。アオイさんの想いは、俺が戦いの場に持っていくし。鬼滅の刃/竈門炭治郎 立志編より

主人公・竈門炭治郎の言葉。

表舞台を歩む(戦いの場に出る)主人公が、陰で自分を支えてくれる人(表舞台に出る勇気がない人)に伝えた言葉。

アスリートの発言にも、時々似たようなものを見かけるな。

そうやって、誰かの想いは誰かの一部となって生きていく。

この記事を書いた人

mirai

こんにちは
潜在意識ガイド(ヒプノセラピスト/催眠療法士)の、あがつまみらいと申します。25年間の外資系石油会社&医療メーカー勤務を経て、現在は東京でヒプノセラピーを開業しています。輪廻転生(生まれ変わり)は大学の卒論から取り組んでおり、神道おたくでもあります。