富士山に初めて登る人へ、本当に役に立つ情報1(1~4飲食物編)

初めて富士山に登るとき、様子がわからず、ついつい荷物が多くなりがちです。

出発前にガイドさんにしつこく言われたのが、「片手で軽々ザックを持てる重さにしてください」でした。

体重50Kgくらいの女性なら、4~5Kgくらいだと思います。

5Kgのザックを背負って、何時間も体を上へ上へと持ち上げていくのは、ものすごい体力(エネルギー)が必要。少しでも軽く、が登山の基本です。

初めての富士登山は、「お金で解決できることは、お金で解決する」というのが、正しい考え方です。

山ではいきなり雨が降ることも当たり前。天気が悪化すると、重たい荷物は本当に辛いです。

出発前に、ぜひ荷物を見直してください。

ベテラン登山者は、ペットボトルのラベルもはずすそうです。

靴下も数日間、はきっぱなしです(だから、匂わない登山用抗菌靴下が売っている)。

ガイドさんは初心者に、「鍵のキーホルダーは取ってくださいね」と言います。

一説によると、富士山の登頂率はわずか60%。

荷物を減らして富士登山を成功させるための、リアルな体験談をお伝えします。

1.水はペットボトル1本でよい

出発前、私は500mlを2本背負っていく予定でしたが、当日はガイドさんのアドバイスに従って、1本のみにしました。

水は一番重たい物。女子は500mlか、せいぜい1リットルが限度。

500ml というと少々不安に感じますが、一番登山者が多い吉田ルートの場合、7合目以降は山小屋が要塞のように連なっているので、いつでも水を買うことができます。

そりゃ、1本300円とか400円とか、富士山で買うとちょっと高いですよ。でもザックの重さを300円で買うと思えば、安いものです。

命をお金で買うという発想は、登山では必要なことです(特に初心者は)。

水は血液を循環させるので、高山病対策になります。

山小屋到着までに600ml~1リットルは飲んだ方がいいそうですが、吉田ルートなら「無くなりそうなときに買う」で大丈夫です。

2.行動食はとても大切

登山には、「シャリバテ」という言葉があります。いわゆるエネルギー不足な状態。

私の登山経験は、一番高い山は山形の月山でした。あとは御岳山とか大山とかの低山。

正直、行動食はあまり必要なかった。

でも富士山は全く違いました。お腹もすくし、何より体がエネルギーを要求する。

実は、ガイドさんから、あまり多く持ってきすぎないようにアドバイスがありました。荷物になるし、意外と食べる機会は少ないですよと。

でも、しっかり食べましたよ。むしろ足りなかった。

私が持って行ったのは、

黒糖饅頭1個、バームクーヘン1個、ミックスナッツ、ドライフルーツ6~7枚(マンゴーとパイナップル)、ハッピーターン8枚くらい、 手に溶けないチョコレート『ベイク』 、塩飴チャージタブレット、普通の飴。

正直、足りなかった。

まさか本当に山で黒糖饅頭を食べるとは思っていなかったです。「山であんこの饅頭?ナイナイ」と思っていました。

でも7合目くらいで食べて、ものすごくおいしかった。いかにエネルギーを使っているか、ですね。

次回は、もう少し多めに持っていくと思います。

でも水と同様に、行動食も山小屋で買えるので、必要な分だけ買い足すのが良いと思います。お菓子やパンなどを購入できます(吉田ルートの場合)。

黒糖饅頭の他においしかったなーと思ったのが、マンゴーのドライフルーツ。

ネットを見ると、マンゴーのドライフルーツ、推す人が多いですね。甘酸っぱさが食べやすいからだと思います。

私は予め一口大に切って、ナッツ類、ドライフルーツ、チョコレート『ベイク』(袋から出して)を、同じジップロックに入れました(1日目用と2日目用に、2袋)。

一緒に入れておくと、塩系と甘系を交互に食べられて、満足感高いです。

羊羹を推す人も多いですが、小さくても重たいのでやめました。

ちなみに私が泊まった山小屋「白雲荘」さんでは、朝食として、

クロワッサン、水ようかん、小さめドーナッツ、カロリーメイトもどき、チョコレート1かけ、魚肉ソーセージ1本、そしてお水を袋詰めで頂きました。

朝クロワッサン1つでは足りなかったので、次回は朝食用にパンを1つ持参しようと思います。

あ、チョコレートやパンは、エネルギー補給のために食べるのですから、「低糖質」系はNG ですよ。

3.塩分チャージ

カバヤ食品の「塩分チャージタブレット」というのを10粒くらい持っていきました。

塩分、クエン酸、カリウムが補給できます。

夏の登山はとにかく汗をかくので、塩分補給は絶対必要。

意識して口に入れるようにしていましたが、本当においしく感じました。

スポーツドリンクを持っていく人もいるようですが、飲料は重たいので、初心者が持っていくならやはり水。

塩分チャージはタブレットがお勧めです。

ツアーで行ったとき、7合目で足をつった人がいました。

足がつるのはミネラルや塩分不足といいます。おさまっても、しばらくはふくらはぎが痛くて歩けないこともある。

これは辛い。。。

足に故障が出ると、登山は続けられません。

いつもより意識して、塩分やミネラルを補給しましょう。

4.ゼリー飲料(アミノバイタルなど)

『アミノバイタル ゼリードリンク SUPER SPORTS』という、運動前や運動中にエネルギーを補給するタイプのものを持っていきました。

実は最初は、ゼリー飲料はあきらめていました。理由は重たいから。

ドラッグストアに並ぶゼリー類を手にしたときは、「無理っ!」と思いました。1袋180g。ずしっと重たい。

なので、この製品を見つけたときは小躍りしましたよ。1袋100g。

迷わず決めました(割高なところは目をつぶる)。

それでも2個が限度でしたけど。

私は、水はザックに入れて、ゼリーはポケットに入れました。

短い休憩でザックをおろす余裕がないとき、ゼリー飲料で水分とエネルギーを一緒に補給することができて、重宝しました。

ただ1つ、女性は注意することが!

ゼリー飲料は、山小屋で寝る前には飲まない方がいいです。

翌朝の登頂のために、アミノ酸やプロテイン補給しようと考えて、寝る前にゼリー飲料を飲んでしまうと、目覚めたとき、びっくりするほど顔がむくんでいる可能性が高いです(少なくとも私の場合は、まぶたがとんでもないことに・・・)。

ゼリーは水分だからね。お気をつけください。

<続く>

この記事を書いた人

mirai

こんにちは
潜在意識ガイド(ヒプノセラピスト/催眠療法士)の、あがつまみらいと申します。25年間の外資系石油会社&医療メーカー勤務を経て、現在は東京でヒプノセラピーを開業しています。輪廻転生(生まれ変わり)は大学の卒論から取り組んでおり、神道おたくでもあります。