自己肯定感を上げる方法ー【全力で笑顔を作って、そのまま寝る】

自己肯定感を上げる方法その2は、「全力で笑顔を作って、そのまま寝る」です。

これは松岡修造さんが紹介している方法で、くりかえすうちに自分の感情をコントロールできるようになり、自分への信頼感があがってきます。

全力で作る笑顔はどのくらいの笑顔かというと、「わざとらしいほどの、筋肉が痛くなるほどの、笑顔」です。

「口角を上げましょう」とよく聞くと思いますが、口角をあげるどころではなく、「変顔」なくらいの笑い顔を作ります。口角も頬も目もあごも、これ以上ないくらい、筋肉が痛くなるくらいあげて、鼻もくしゃくしゃにして、にーっと笑う。

思いきり、にーっと。

そしてキープ!

そして、その顔のまま、寝る。

笑顔の波動を身にまとったまま、眠りの世界に入る。

もし楽しくなくても、無理やり笑顔を作ると、脳は「今楽しいんだ」と勘違いし、内側から少しづつご機嫌モードへと変わっていく。

狙いはこれです。

これは、松岡修造さんが実際にされていたのを聞いて、私も実践してみたやり方です。

ポジティブ・シンキングのかたまりのような松岡さんですが、現役の頃、とてもメンタルが弱く、全てをネガティブに捉えていたそう。

松岡さん曰く

「できないとか無理だよ、というのが一番最初に来る。一言で言うと自信がない。特に初めて海外に行った時は、自分より皆が強く見えるし、英語もしゃべれない。試合にも負けていく。どうやったら前向きにできるだろう」

そのときに、「逆のことを言うしかない」と思ったといいます。

ミスしたら「ナイスショット!」という。そうして自分を鼓舞してきた。

そして、「ネガティブな思考は、寝る前にやってくる。だから寝るときに全力で笑顔を作ってそのまま寝た」のだそうです。「全力笑顔で寝ると疲れるけど、疲れるから眠れる」とも。

この「全力笑顔で寝る」、やってみました。

笑顔を作ってふとんをかぶっているとね、最初のうちはまだ自己肯定感が低いから、とても情けなくて悔しくて、涙が出てくるんですよ。自分がバカみたいに思えてくる。

でもね、松岡さんがテレビで披露した全力笑顔の顔が衝撃的すぎて、よし続けよう!って思ったんです。

そしたらだんだんと、うまく作れるようになってきた。

そして夜だけでなく、昼間、何かいやなことがあったときとか、自分が不機嫌でいるときにも、無意識に、この全力笑顔を作るようになっていったんです。

これは、大きかった。

今こんなに嫌な気分なのに、作り笑いできるほどに自分をコントロールできている。ネガティブな感情の海におぼれることなく、冷静に、笑ってみようとしている、と。

これは自信になります。

笑顔を作れるようになると、心が落ち着いてきます。そして、それができた自分をほめたくなって、自己肯定感があがっていく。

これの繰り返し。

自分への信頼感を上げる、心のトレーニングです。

だまされたと思って、Let’s try !!

この記事を書いた人

mirai

こんにちは
潜在意識ガイド(ヒプノセラピスト/催眠療法士)の、あがつまみらいと申します。25年間の外資系石油会社&医療メーカー勤務を経て、現在は東京でヒプノセラピーを開業しています。輪廻転生(生まれ変わり)は大学の卒論から取り組んでおり、神道おたくでもあります。