自己肯定感を上げよう!ー具体的方法【全力笑顔のまま寝る】

自己肯定感を上げる方法その2は、「全力笑顔のまま寝る」です。

これは松岡修造さんが紹介している方法で、くりかえすうちに自分の感情をコントロールできるようなり、自分への信頼感があがってきます。

全力笑顔というのはどのくらいの笑顔かというと、「わざとらしいほどの笑い顔」です。

「口角を上げましょう」とよく聞くと思いますが、口角をあげるどころではなく、「変顔」なくらいの笑い顔を作ります。口角も頬も目もあごも、これ以上ないくらい、筋肉が痛くなるくらいあげて、鼻もくしゃくしゃにして、にーっと笑ってください。思いきりにーっと。

そしてキープ!

そして、その顔のまま、寝る。

笑顔の波動を身にまとったまま、眠りの世界に入る。

繰り返していくうちに、寝るときだけじゃなく、辛いとか悲しいとか、笑顔がでないときにも、無意識にやれるようになってくるんですよ。

するとね、脳がだまされる。

脳がだまされやすいという話し、聞いたことがありませんか。

楽しくなくても無理やり笑顔を作ると、脳は「今楽しいんだ」と勘違いの反応をし、内側から少しづつご機嫌モードへと変わっていく。

狙いはこれです。

これは、松岡修造さんがテレビで仰っていたのを聞いて、私も実践してみたやり方なんです。

ポジティブシンキングのかたまりのような松岡さんですが、現役の頃、とてもメンタルが弱く、全てをネガティブに捉えていたそう。

松岡さん曰く

「できないとか無理だよ、というのが一番最初に来る。一言で言うと自信がない。特に初めて海外に行った時は、自分より皆が強く見えるし、英語もしゃべれない。試合にも負けていく。どうやったら前向きにできるだろう」

そのときに、「逆のことを言うしかない」と思ったといいます。

ミスしたら「ナイスショット!」という。そうして自分を鼓舞してきたと。

そして、「ネガティブな思考は寝る前にやってくる。だから寝るときに全力で笑顔を作ってそのまま寝た」と言います。「全力笑顔で寝ると疲れるけど、疲れるから眠れる」とも仰っていました。

この「全力笑顔で寝る」、やってみました。

笑顔を作ってふとんをかぶっている自分がね、最初はとても情けなくて悔しくて、涙が出てくるんですよ。自分がバカみたいに思える。でもね、松岡が披露した全力笑顔の顔が衝撃的過ぎて、ようし続けよう!って思ったんです。

そしたらだんだんと、夜だけでなく、昼間、何かいやなことがあったときとか、自分が不機嫌でいるときにも、無意識にこの全力笑顔を作るようになっていったんですね。

これは、大きかったです。

今こんなに嫌な気分なのに、作り笑いできるほどに自分をコントロールできている。感情の海におぼれることなく、笑ってみようとしている、と。

これは自信になります。

そしてね、もう一ついいことがあるんです。

「引き寄せの法則」って、皆さんご存じですよね。

望むものを引き寄せるコツというのが、「いい気分でいる」ことだと言われています。

でも試してみたものの、「いつもいい気分でいるなんて無理」と挫折した方も多いのではないでしょうか。

意志の力で「いい気分」を作ろうと思っても、心の奥が「無理」と思ってしまうと、結局本当の意味でいい気分ではなくなってしまう。

そんな方も、この「全力笑顔」をやってみてください。

本当に不思議ですけど、いつの間にかね、不機嫌な時ほどこの顔を無意識に作れるようになっていきます。自分の無意識の領域がね、それをした方が自分を救えるんだと、学習していくんだと思うんですよね、多分。

そして脳がだまされて、なんだかさっきよりいい気分になっていく。

いつの間にか自然に笑顔を作れるようになって、心が落ち着いてきます。そして、それができた自分をほめたくなって、自己肯定感があがっていく。これの繰り返し。

自己信頼感を上げる、心のトレーニングです。

この記事を書いた人