自己肯定感を上げよう!【健全な自己肯定感を目指す】

ここ数年、自己肯定感という言葉、ずいぶん目にするようになりました。昔はそれほどポピュラーではなかったような気がします。

といっても耳にするのは、「自己肯定感が低い」という、ネガティブな方です。「私、自己肯定感が高いんです」というポジティブな方はあまりきかない。

ヒプノセラピーのクライアントさんにも、自己肯定感の低さを問題とされている方がとても多く、その話しだけで1時間くらいカウンセリングすることもあります。

私も自己肯定感が低かった一人で、長年、いじけた自己肯定感につきあってきました。

ところがあるとき、芸能人のボイストレーニングをされている方がこう仰ったんです。

「芸能人は、健全な自己肯定感を持っている人が多い気がする」

ん?「健全な自己肯定感」って、何?

残念ながら詳しく話を聞く時間はなかったのですが、多分、他人が客観的にその人を見たときに、ひねくれていない自己肯定、人を不快にさせない自己肯定、不自然に自分を正当化していない自己肯定・・・、というようなことではないかしら。

(あなたの周りにもいませんか?自己肯定感高いというより、自己主張のかたまりのような人)

その後自分でいろいろ調べて、自己肯定感はある程度、訓練で上げていくことができると知りました。

育った環境や過去の体験による根深い思考パターンもありますが、思いグセや習慣をちょっと変えるだけでも、自分を肯定する力をどんどん上げていくことができます。

自己肯定感が低いと、日常の様々な場面で、生き辛かったり、前に進めなかったりします。チャンスを逃したり、損をすることもあります。

これ、少しづつでも改善していきませんか?

ここでは私が実際にやってみて、効果があった方法を書いてきたいと思いますので、ぜひやってみてください。

何事もベイビーステップだよ。

この記事を書いた人