自己肯定感を上げよう!ー具体的方法【寝る前に自分をほめてみる、ほめほめワーク】

自己肯定感を上げる具体的な方法1つ目。

自分をほめてみる「ほめほめワーク」です。

自己啓発のワークなどにも使われていて、「自分ほめゲーム」とか、いろいろな言い方がされています。

一日の終わりに、今日の自分のいいところを3つ書き出す、というもの。

一応ルールがあって、

1.【寝る前に、今日の自分をほめることを3つ書く】 

2.【一度ほめたことは、二度とほめない】 

3.【1か月は続けてみる】

という感じです。

どんなささいなことでもいいので、実際にやったことを書きます。考えただけで実行はしなかった、ということは書きません。

電車で席を譲ったとか、仕事で上司からほめられたとかという大きなことから、疲れていたけど洗濯をした、お風呂上りに鏡を拭いた、いやなことがあったけど腐らなかった、とか

どうしてもみつからなかったら、「今日一日元気だった、えらい!」「今にっこり笑った、えらい!」でもいいです。とにかく無理やり見つけて(作って)、無理やりほめる。

これね、自分をほめる作業を繰り返していくと、たとえ今日いやなことがあっても、でもいいこともあったよね、とか、私がんばったじゃない、と思えるようになってきます。

で、1日3個×30日で、90回、自分をほめることになります。

3か月続けたとすると、約270回。

1年続けると、1095回、自分をほめることになります。

1095個の自分の良かった面を書くなんて、すごいと思いませんか。

本当にね、何も見つからない日は、今ごみ1個捨てた、でいいんですよ。

ごみを捨てるなんて当たり前だと思うかもしれないけど、体調が悪い時や、あるいは自分を信頼できない時は、ごみも捨てられない=部屋が荒れる、という経験はありませんか。

自分を信頼できないと、心理的にモノをためこむ方向に働くんですよね。だから、断捨離が流行る。

ごみを捨てるという行為は、自分を清潔に保つとか、部屋のざわざわした状態に気を取られない、というようなことにもつながるので、ごみ1つでも、どんどんほめてください。

最初は少し大変かもしれませんが、だんだん、結構自分やれてるかも、とか、いい気分になれるようなことをしようかな、という気持ちになってきます。

そして、自分の良いところを見つける力がついてきます。つまり毎日、その力をつけるトレーニングをしているということです。観察力が身につきます。

1か月できたら、そのまま続けてもいいし、次は「他人ほめほめワーク」をやってみる、というやりかたもあります。

観察力や、良い点を見つけるという力がついてきているので、他人についても、その人の良い点を探してみる、あるいは悪い面もあるけれど良い面もあるだろう、という考え方がおきてきます。

そうすると、周囲の見方が変わってきますよね。ものごとを俯瞰してみる有効なトレーニングです。

自分だけでも他人もやってみるのもどちらでもいいので、ぜひ試してみてください。

何事も、ベイビーステップだよ。

この記事を書いた人